TOPページにある、ヤマカワさんがお気に入りの曲たちこと"Y-Pod"。 

 

その曲たちを、感想などを交えながらご紹介していきます。


#24

触らぬキミに祟りなし / MOSHIMO

17.05/10 Release「触らぬキミに祟りなし」収録

 

 

四つ打ちの心地よいスピード感と、Vo.の岩渕さんの唯一無二の声で一度聞いたらクセになるこの曲。MVは前回に続いてダンスを織り交ぜながらの展開。前アルバムの「猫かぶる」で恋の厳しさを知り、「命短し恋せよ乙女」で決意を固め、そしてこの曲で三角関係となり、さぁ、この恋はどうなっていくのか!?(笑)

 



#23

愛を伝えたいだとか / あいみょん

17.05/03 Release

 

 

「個性的」という三文字で片付けるには、もったいないくらいの表現力を持つシンガーソングライター。グルーブ感溢れるこの曲に対し、シングルで2曲目に収録されている曲では生と死を歌っていたり、過去の作品にも放送出来ないような表現ばかりの曲とか、岡本太郎に影響を受けてるとの事で、才能が爆発しています。



#22

リサイクル / MINT mate box

17.04/19 Release「present」収録

 

たくさんのCDが並ぶCDショップの平置きコーナーで、ひときわ目立つ透明感に思わず目を奪われた1組。HPもそうだし、今回のアーティスト写真もそうだし、その「白」を基調としたサイダーのような爽やかさで心の汚れを浄化してもらえるような気分です。とてもキュートな歌声のVo.の"MAHO KATO"ちゃん。MVでは口もとがセクシーです。



#21 アイドルレース / 夢見るアドレセンス

17.01/18 Release

 

2回目の登場。前回は完全ビジュアル重視で選んでいたのですが、今回は何といってもこのスピード感。ヤバイTシャツ屋さん・こやまさんによる楽曲と詰め込まれた言葉達に、NARASAKIさんの編曲がカッコ良すぎ。インパクト重視のアイドル業界において、ももクロのヒャダインさん関連の曲以来の衝撃です。そして、やっぱりカワイイ。

 

#20  テレキャスター・ストライプ

ポルカドットスティングレイ

16.11/09 Release「骨抜きE.P.」収録

 

「2017年にブレイクするアーティスト」と言われており、すでにGoogleのCMなんかにも登場している注目株。心地よいメロディとスピードにハスキーな歌声。さらに、Sっ気たっぷりのバニー。そりゃ気になるさ。多くの男を惑わせているであろうあの表情。私もすっかりハマっています。

 

#19 カメハメハ大王 / 水曜日のカンパネラ

16.11/01 Digital Release

 

最初、耳を疑ったよね。「これは何かの間違いなんじゃないか?」と(笑)。ツッコミどころ満載のこの曲。とある音楽WEBメディアでは、「裸の王様が街で遭遇する“ちょっとした危機”をユーモアあふれる歌詞で描いた」って紹介してて、ライターってすげぇなと思いました。自由ってすばらしい。

 



#18 恋 / 星野源

16.10/05 Release

 

ワクワクするBPMを求めていたらこのスピードになったというこの曲は、イントロから一瞬でわかるメロディ、軽快なスピード、ギターの音色も心地よいし、これぞ星野源!という感じ。ダンスの振り付けは、 "Perfume"ファンならお馴染みのMIKIKO先生。ちなみに、好きになったきっかけはガッキーです。ごめんなさい。

 

#17 オーケストラ / Bish

16.10/05 Release「KiLLER BiSH」収録

 

いろいろなコンセプトのアイドルが次々と出てくる中で、「楽器を持たないパンクバンド」の"Bish"。閉鎖された空間に、横一列で歌う彼女たちと、それを囲むストリングス隊が、純粋にかっこいいPVだなと思ってのチョイス。アイナ・ジ・エンドの声がまた良い味だしてるね。

 

#16 夏の恋人 / SHISHAMO

16.09/07 Release

 

我が第二の故郷・川崎が産んだ、今や飛ぶ鳥を落とす勢いの"SHISHAMO"。夏が好きな人ならわかる、少し涼しい夜に感じるあの切なさ。次へ行かないといけないのはわかってても、なかなか自分から足が動かないあの感じ。リリースのタイミングが自分的にベスト過ぎて鳥肌。ちなみに、このロケ地は銚子電鉄です。

 



#15 Colorful World / 仮谷せいら

16.06/15 Release「Colorful World」収録

 

"Y-Pod"2度目の登場となる、せいらちゃん。3枚目となるE.Pに収録されているこの曲は、聞いてるだけで、どこかへ出かけたくなるようなHAPPYさに満ち溢れてる1曲。サウンドもオシャレだし、なんか元気でるし、とにかく大好きな1曲。MVの表情を見るだけでも、グッと大人っぽくなってるなぁ。

 

#14  おしえてシュレティンガー

夢見るアドレセンス

16.04/27 Release

 

グループの合言葉は

「カワイイだけじゃダメなんですか!?」って、

 

 

良いに決まってるじゃないですかー!!!!!!!!

 

#13 Wonderful Life / Qaijff

16.04/06 Release

 

名古屋のピアノロックバンド"Qaijff"。新しい季節を感じさせるような華やかさ。すべてを吹き飛ばしてしまう春特有の強い南風のような力強さ。そして過去を振り返らないという決意のような前向きなスピード感。まさに出会いと別れが交差して、何かが終わり、何かが動き出す、そんな季節にぴったりな1曲。

 



♪ 過去の"Y-Pod"(#1〜#12)は コチラ